強迫性人格障害とは?症状や治療について!仕事はしても大丈夫?

強迫性人格障害ってご存知ですか?平均20歳前後で発症し、

男性に多く見られがちな病気です。

 

何でこんなことにこだわるのだろう?

と自分を不思議に思ったことはありませんか?

 

スポンサーリンク

 

脅迫性人格障害の可能性について!

例として、

何度も繰り返してしまう手洗い。

料理においては清潔なのが一番です。

 

目に見えないバイ菌やウィルス対策は大事ですが、

度が過ぎるとそれは違う意味で危険信号が出ています。

 

もし自分の手が汚れていた為に食中毒になったらどうしよう…

 

自分は汚いなどと激しく思い込み、

手洗いが止められない…

 

もうひとつ、

ちゃんと鍵をかけたかな?と気になり、

会社などに向かってる途中で、

どうしても引き返してしまうことが何度もあり、

疲れてしまう…

 

それはもしかしたら強迫性人格障害の初期症状かもしれません!

 

adhd

 

強迫性人格障害の症状は、

強迫観念と脅迫行為の2つがあります。

 

よく見られるのは汚れたことに対する不安(強迫観念)により、

それを払拭しようと繰り返し行ってしまう洗浄行為(強迫行為)です。

 

その他にも、

自分が誰かに危害を加えたり、

逆に加えられたりするんじゃないかと強い警戒心をむき出しにしてしまったり、

何度も確認しないと気が済まなかったり、

正確さ、順序、対象性への強いこだわりなど、

様々です。少しでも自分に当てはまると思ったら、

まずは心療内科を受診し

強迫性人格障害なのかドクターに判断してもらうことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

脅迫性人格障害の治療法は?

強迫性人格障害の治療は

薬物療法と認知行動療法があります。

 

主に薬物療法で、

強迫性人格障害に

有効なセロトニン再度取り込み阻害薬(SSRI)を用います。

 

認知行動療法では、

恐れていたことに向き合い、

苦痛だと思っていたことが徐々に減って行くことを実感、

体験していきます。

 

仕事は休まず、

なるべく普通の生活を心がけましょう。

 

考える暇があれば症状は良くなりません。

 

要は、自分に考える暇を与えないことが大事です。

 

それでも自分が辛いと強く感じれば、

ドクターに相談して休養をとるとよいでしょう。

 

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ