境界性人格障害の原因や特徴!女性と男性の違いについて!

境界性人格障害と聞いてもあまりピンときませんよね。

人間というのは性格も人それぞれ違いますし個性だって違います。

 

几帳面な人もいれば大雑把な人もいますし、

めんどくさがりやな人もいれば、

徹底する人もいらっしゃいます。

 

性格の話をすればいろいろなものが出てきてキリもないでしょう。

 

その中でかなり感情に波がある人

良いときもあれば悪い時もある、

そして毎日のようにイライラする事があって

それを自分自身で抑えることができない。

 

こういった人は「境界性人格障害」にあたいします。

 

スポンサーリンク

 

境界性人格障害の原因や特徴は?

・ストレスがいつも以上に出てきてそのせいで何が起きたのか一瞬の出来事を忘れてしまう

・生きるのが辛いと思っている。

・生きている事ってなんだろう?なんでこんな事をしているんだろう?とネガティブな考えばかり出てくる

・感情を自分でコントロールできていたのにできなくなってしまった

・周りの人についていくことができなくなってしまった

・もしかして自分はいつか捨てられるのではないかと被害妄想をしてしまう

などが境界性人格障害の特徴です。

 

そして原因についてですが、

これは「遺伝」の率が高いです。

 

Tired man

 

両親や兄弟、

先祖などに境界性人格障害を持っている人がいると

自分もそうなってしまう可能性があります。

 

また生活環境などで急に境界性人格障害になってしまう事もあります。

子供が生まれたという環境の変化で

ストレスがたまってしまって抑えることができずに

虐待など犯罪を犯してしまうような事が起きてしまったり。

 

スポンサーリンク

 

女性と男性の違いについて

境界性人格障害は男性よりも女性に多いといわれています。

 

自分の事をかまってもらえないとリストカットとか

平然としてしまうようなのは男性よりも女性の方が多いです。

 

しかし男性と女性では違いはあるのか?についてですが、

あまり差はありませんね。

 

境界性人格障害になればネガティブになることはもちろん、

症状は同じですから男性も女性も対して変わりはないですよ。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ