回避性人格障害の仕事は?薬で症状は改善するのか!?

回避性人格障害が社会生活でもたらす問題とは

回避性人格障害とは、他者とのかかわりの中で傷つけられたり拒絶されたりするのではないかと、異常な不安や恐れを抱くあまりに人間関係や社会生活を回避しようとする人格障害です。

人間は誰しも恥をかいたり失敗したりすることを恐れるものですが、回避性人格障害はそれが著しく、ひどい場合は「ひきこもり」になることも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

多くの場合、回避性人間障害を患った時には仕事をやめてしまう人がほとんどです。多くの職業では知らない人に会ったり、責任を負わなければなりません。回避性人格障害ではこれが耐えられないのです。

仕事をやめない場合でも、大きな仕事や役職に就くのを拒む傾向にあります。

 

asp

 

▶︎回避性人格障害の特徴や原因は?治療方法や恋愛について!

 

回避性人格障害の治療は?

治療法は精神療法が主になります。カウンセリングや認知療法によって、失敗や拒絶に対する異常な恐怖や低すぎる自尊心を正していきます。

治療以外で何かにチャレンジすることは慎重になった方が賢明です。もし失敗してしまったりすると、症状が長引いてしまうことになりかねません。もし、症状が軽くなってきて何かにチャレンジしてみようという気持ちが起こったときには、ごくごく簡単なものからチャレンジしていって成功を積み重ね、自信をつけるのがいいでしょう。そのほか、集団療法や自己主張を行うトレーニングを行うこともあります。

 

スポンサーリンク

 

回避性人格障害の治療では、医師やカウンセラーと患者がしっかりとした信頼関係を築けるか否かが最大のポイントになります。信頼関係が築けなかった場合、患者本人が治療から逃げ出すということもありますから、慎重に取り組むことが必要です。

また、薬物療法として抗うつ剤や抗不安剤を処方されることがあります。一時的に恐怖心をコントロールすることは可能ですが、根本的な治療は薬物療法では難しいと考えられます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ