依存性人格障害の特徴や原因!治療対処法や克服の仕方をチェック!

存依性人格障害(依存性パーソナリティ障害)は、

人に非難されたり、

否定されると非常に傷つきやすく、

自分は無力だと思い込み、

どんな行動においても他者を利用し、

自分を守ろうとするのが特徴的です。

 

その原因は、

幼少期、

児童期時代に親からの干渉が多く過保護過ぎだったり、

家庭内暴力のために反抗できず、

従わざるおえなかったり、

ネグレクト(育児放棄)のために、

判断力や決断力の無さに繋がっている事が挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

依存性人格障害の特徴や原因について

困っているときに誰かにそっと手を差し伸べられたら非常にうれしく感じるものですよね。

 

でも、それは自分自身が密かに頑張っているのを誰かがが見ていてくれたからです。

そこには相互関係が成り立っています。

 

しかし、

依存性人格障害の人は、

何に対しても自分が劣っていると卑下して自分が無く、

努力をせず人を頼ってしまう

そんな傾向があります。

 

depend on you

 

そして、

「確固たる保証」「世話」「愛情」を強く求めます。

 

弱音を吐いて、

人を惹きつけ、

そして親密になったとしてもあまりの自立心の無さに呆れられ、

見捨てられると次の依存先を求めます。

 

弱音を吐いて、

人を惹きつけ、

そして親密になったとしても、あまりの自立心の無さに呆れられ、

見捨てられると次の依存先を求めます。

 

いつでも自分を「弱い立場」に身を置きたがり、

「対等」な立場にたちたがりません。

 

自分に対してのメリットデメリットを無意識且つ、

意識的に計算しているとも言えます。

 

治療は、

不安や落ち込みが酷い時には薬物療法を使いますが、

基本的には心理療法やカウンセリングで治療を行います。

 

そこで自分がどうしたいのか?どうなりたいのかを考え、

感情を引き出し且つ、

依存したがる感情を抑えつつ自立心を養います。

 

依存している人間や環境を変える試みもします。

克服の仕方は以下のようにします。

 

スポンサーリンク

 

・他者の言葉ばかりに耳を傾けるのではなく、

人と親しく交流しながら自分の意見を言う

 

・孤独に耐えうる精神力を養う

 

・自分で何かを成し遂げる事が出来るという「自己効力感」を意識する

 

・客観的に見て自分が依存心が高いかどうか判断する

 

人は自分自身と戦う人を敬慕するものです。

自信を持って克服ししましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ