演技性パーソナリティ障害の特徴は?接し方や治療法をチェック!

グローバルコミニケーションは難しい

空想の世界で常に主人公であろうとする「演技性パーソナリティー障害」

演技性パーソナリティー障害の人は、常に注目の的になっていようとします。

 演技的で極端に感情的。

外見をひどく気にします。

表現力が豊かで生き生きとしているため、友人はすぐに出来ます。

演技性パーソナリティー障害と向き合う演技性パーソナリティー障害の人は、性的な誘惑をしたり、スタイルの良さを見せびらかしたりすることも少なくありません。

流行に乗ろうとして自分を変えることもしばしばです。

時には身体症状に訴えて他者の注意を引こうとします。

自ら命を絶ってトラブルを起こすことも演技性パーソナリティー障害の人には多いと言われています。

演技性パーソナリティー障害の人には魅力的で誘惑的な人も多く、演劇関係や政治方面で成功した人もいますが、症状が悪い方向に進行すると幻覚妄想の世界に入り、反応性の精神病になることもあります。

演技性パーソナリティー障害の特徴に虚言癖があります。

自分が主人公になりたいため、人を自分に引き付けるために嘘をつくのです。

演技性パーソナリティー障害の人は、幻の自分と現実の自分とのギャップを埋めるためにしばしば嘘をつくとされています。

しかも、嘘をついているうちに自分が演じている人格になりきり、嘘をついている自覚もなくなります。

演技性パーソナリティー障害の人と接する時には、嘘を暴こうとしない方が無難だと言われています。

本人に嘘をついているという自覚がなくなっているために、嘘を真に受けた人から「ひどい人」だと攻撃されることが少なくないからです。

演技性パーソナリティー障害の人が親密な交流を保てないのは、こうした事情からでしょう。

スポンサーリンク

→演技性人格障害をチェック!原因や症状は?治療方法や対応について

演技性パーソナリティー障害の治療法

演技性パーソナリティー障害の治療では、患者の真の感情を明らかにすることが欠かせません。

演技性パーソナリティー障害の人の誘惑的な行為の裏には、誰かに頼りたい、誰かに守って欲しいという願望が潜んでいるとされます。

患者が気づいていない深部感情を明らかにし、そうした感情を自覚することを妨げている演技に焦点をあてることが治療のポイントになります。

演技性パーソナリティー障害を克服するには、自分と向き合う時間を積極的に持つ練習をすることが大切だとされています。

→演技性人格障害の特徴!接し方や治し方!

演技性パーソナリティ障害の人には身体症状が出現しやすい!何が理由?

演技性パーソナリティ障害の人には、さまざまな身体症状が、高頻度で出現します。

めまい、頭痛、体の痺れ、腹痛、過呼吸発作などです。

症状は激しく、初めて見た人は、動揺し、症状に振り回されます。

病院を受診しても、身体的な問題は、見つからないのが、普通です。

演技性パーソナリティ障害の人の身体症状は、自らが演じる状態の一部です。

根底にあるのは、寂しさ。

構って欲しい、労られたいという思いが、「病気」という形でのアプローチになります。

スポンサーリンク

→演技性パーソナリティ障害の対応について!原因はなんなのか?

演技性パーソナリティ障害の人の「病気」!対応の仕方の3つのポイント

1.とにかく休息させること。

「病気」は、身体的には休息を求めるサインです。

まずは、休息させます。

「具合が悪いから休む」という建前に従って、対応します。

休んでいる間は、好き勝手な事はさせないで、しっかり寝るように仕向けると、次第に身体症状は減ってきます。

2.できるだけ自分で対応させること。

自分でできる事は、自分でしてもらうようにします。

過呼吸発作なら、紙袋呼吸ができるようにし、周囲は静かに見守ります。

大げさに反応しない事が、何より大切です。

3.背景の気持ちにつながること。

演技性パーソナリティ障害の人と長く付き合うには、演技に反応せず、演技の背景にある気持ちにつながる事が、重要です。

冷静に距離を置きながら、寂しさを否定しない態度で対応すると、演技性パーソナリティ障害の人は、徐々に落ち着いてきます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ