回避性パーソナリティ障害の恋愛や仕事・就職について!

自分には能力が無い、

何かにチャレンジしても

恥ずかしいことになるだけだから

辞めておこうという

捉われが強い回避性パーソナリティー障害。

 

回避性パーソナリティー障害が重症化すると、

他人と関わりを持つことが全くできません。

 

日常生活が困難になって

精神科を受診しても問診の段階で

傷ついてしまうことすらあります。

 

スポンサーリンク

 

回避性パーソナリティー障害患者の恋愛や就職

 

相性の良いセラピストと出会い、

セラピストから肯定されることが重なると、

次第に自分が排除されるという不安が

薄れてきて

ソーシャルスキルトレーニングも

始められるようになります。

 

誘いを受けた時に

どう対応したら良いのかや

他人にものを頼むにはどうしたら良いのか

といったことが身につくにつれて、

心の奥底で望んでいた

他人とのつながりを得る機会が生じてきます。

 

 

コピースペース 綺麗な白衣の女性

 

他人とつながろうとする

最初のモチベーションは恋愛でしょう。

 

回避性パーソナリティー障害の人は

大事に思う人とつながりたい、

自分が大事に思う人から認められたい、

愛されたいという思いを心の底に強く持っています。

 

回避性パーソナリティー障害の症状が

寛解してくると、

封印されていた願いが

表面化しやすいと言えます。

 

その状態まで良くなった自分に

自信を持ちましょう。

 

自分はつまらない人間だという思い込みから

自分を解き放ちましょう。

 

恋愛という

新たなステージに立つことが出来た自分に対して

良いイメージを抱き続けることが大切です。

 

相手からの

好意を受け止める努力を積み重ねることで、

次第に等身大の自己像が

構築されることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

等身大の自己像の構築は、

就職という人生の次のステップに進むうえで

大変大切なことです。

 

就職活動では

自分を客観視することが求められます。

 

自分を客観視することは、

回避性パーソナリティー障害の人には

難しいことですが、

自分が日々感じている

ストレスに耐性をつけるためにも

必要な作業です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ