反社会性パーソナリティ障害と噂される有名人をチェック!

2001年6月8日に

大阪教育大学附属池田小学校で

児童が亡くなった事件。

 

実行犯の容疑者の男には

反社会性パーソナリティー障害の

可能性が噂されています。

 

「反社会性パーソナリティー障害」は、

法律といった規範や他者の権利、

感情を軽視し、

人に対して不誠実で欺瞞に満ちた言動を行い、

暴力を伴いやすい傾向を特徴とするものです。

 

スポンサーリンク

 

反社会性パーソナリティー障害ではと言われる容疑者

 

逮捕当初、

容疑者は精神障害を装い、

精神鑑定が2度にわたって行われました。

 

いずれの鑑定でも

責任能力を認める結果が出ました。

 

鑑定主文を要約すると、

男は情性欠如者であり、

穿鑿癖や脅迫思考を

基盤とした嫉妬妄想があったとのこと。

 

学校校舎 イメージ

 

犯行を踏み切らせたものは情性欠如であり、

自己中心性、

攻撃性、

衝動性であるとしています。

 

この鑑定の際、

本人が鑑定医に語ったところによると、

小学生時代に

猫などの動物を新聞紙に包んで

火をつけてたり、

中学では

「好意を抱いていた女子生徒の弁当に精液をかけた」

といいます。

 

長じるに及んで犯罪に始終手を染め、

様々な事件をはじめとして16犯。

 

そのうち15犯は

精神障害の偽装を楯に

不起訴処分になっています。

 

スポンサーリンク

 

判決について!

 

2003年8月28日、

大阪地方裁判所で

判決を言い渡された折には、

開廷時に次のような暴言を吐いて

退廷命令を受けています。

 

「ワシはびびってないで。

遺族にはなにもできへんし最高や!」

 

「おいコラァ‼︎くそガキの親ども!

(被害者の親の名前を連呼)おまえらは、

ほんなに偉いんか?

おまえらは、

7500万円、

もらってホクホクやな!

よろしいな。

転がり込んだ7500万円よろしいな!

そやけど、

おまえらのガキの8人分の命は

ワシ一人で終わりの程度の価値やったんやぞ!」

 

刑は執行されましたが、

最期まで犠牲になった

児童や遺族への謝罪は

一切ありませんでした。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ