反社会性パーソナリティ障害の子供の対応!将来はサイコパスの可能性?

反社会性パーソナリティー障害は

凶悪犯罪と

関連づけられて

話題となることが多いために、

正面から論じられることが少ないと言えます。

 

他のパーソナリティー障害と異なり、

医療機関で

反社会性パーソナリティー障害という

診断が下ること自体極めて異例です。

 

スポンサーリンク

 

社会に潜む心の闇に向き合うとき

 

カウンセリング方法も

具体的に確立されていません。

 

診断基準はあっても、

治療法が見つかっていない

パーソナリティー障害。

 

それが反社会性パーソナリティー障害です。

 

カウンセラーや医師が心の闇に直面し、

為す術もない思いに立ちすくむこともあります。

 

Shadows at Churchhill Downs

 

しかし、

反社会性パーソナリティー障害の人は

人口の約1%いるとの調査結果もあります。

身近なところに

反社会性パーソナリティー障害の人は

いるかもしれないのです。

 

人の痛みや苦しみが全く理解できず、

そもそも他人の感情への関心が欠如している人。

 

社会規範が通用せず、

身勝手に振る舞う人。

 

しかも、

自分に対してさえ無関心な人。

 

そうした行動特徴を持つ

反社会性パーソナリティー障害の人には、

しばしば口達者で

表面上魅力的な人もいます。

 

専門の精神科医でもなければ、

反社会性パーソナリティー障害とまでは

気づかれないことがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

幼少期の反社会的行動の多くは、

教育的配慮という名目で

「反社会的」

断じられることが無いのが現状です。

そうして起こった凶悪な犯罪に人々は動揺します。

 

事件に好奇の目を向けるだけでは

問題は解決しないでしょう。

 

社会に潜む心の闇が

どのようにして生じるのか?

 

心の闇を照らす光はどうしたら見出せるのか?

 

今こそ社会の良識と

叡智が問われるときだと言えます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ