パーソナリティ障害の特徴は?診断やチェックの方法や接し方について!

人には持って生まれた性質があります。

その性質と環境によって形成されるのが人格です。

 

もののとらえ方や考え方、

感情、

衝動をコントロールする力、

対人関係の築き方などが、

思春期以降次第に形作られてきます。

 

そうしたパーソナリティ機能に偏りがあるため、

本人が苦しみ、

周囲の人間も困るケースに診断される

精神疾患が「パーソナリティー障害」です。

 

スポンサーリンク

 

パーソナリティー障害とは?

精神疾患の診断に 用いられる

世界的な基準DSMIV-TRでは、

パーソナリティー障害を10種類に分類しています。

 

ただし、

この分類は研究や

治療を行う必要から仮定された概念であり、

現在の分類や

診断基準が本当に

妥当なものであるか否かについては

さまざまな議論があります。

 

 

失恋した女性

 

パーソナリティー障害を

「障害」と認めるうえでは、

その人を取り巻く

文化社会的な背景を考慮することが重要になるため、

異なる文化社会でも

通用するものなのかということが問われるからです。

 

 

スポンサーリンク

 

そうした議論を踏まえつつも

現在パーソナリティー障害が注目を集めているのは、

うつ病や摂食障害といった

他の精神疾患の背景

パーソナリティの偏りがあるケースが少なくないからです。

 

表面に現れた

精神疾患の根本的な

治療のために向き合う必要があるのが

パーソナリティー障害だと言えます。

 

パーソナリティー障害の

治療を進めるためには、

患者本人と

治療スタッフが

協力して問題を認識して

対策を検討するという作業が

欠かせません。

 

問題の認識がことに重要です。

 

最近の研究から、

パーソナリティー障害は経過中に大きく変化し、

治療によって改善する可能性が高いと

考えられるようになりました。

 

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ