対人コミュニケーションに問題点がある人の特徴と改善する方法は?

スポンサーリンク

インターネットが普及し、対人コミュニケーションが減ってきてきます。

向かい合って、会話をするのは、苦手。そのような人が、増えています。

対人コミュニケーションに問題点がある人には、どのような特徴が見られるでしょうか?

対人コミュニケーションの問題点を改善するには、どうしたら良いでしょうか?

 

adhd

 

自分の話に、意識が集中している

対人コミュニケーションは、自分と相手の双方が、言葉を交わして成り立つものです。

自分が、一方的に話すのは、対人コミュニケーションと言い難いものです。

対人コミュニケーションに問題点がある人には、「相手の感心するようなことを、何か、言わなくてはならない」「自分が、会話のリーダーシップを取らなくてはならない」といった思考回路に陥っているという、特徴が見られます。

相手の話を聞く姿勢が、十分に伝わらないのも、特徴です。

対人コミュニケーションは、自分と相手が、交互に言葉をやり取りし、気持ちを伝え合うことで、成立します。

自分の話に、意識が集中していると、相手の話を聞く、ゆとりが生まれません。

相手は、気持ちを踏みにじられます。

→アスペルガー診断の点数で他人とのコミュニケーションが苦手かが分かる

 

自分の話は、2割を目安にする

対人コミュニケーションでは、自分の話は、2割程度に抑えましょう。

その意識で会話をすることで、相手の話を聞く姿勢が生まれます。

自分の話を、2割程度入れる目的は、相手と信頼関係を築くことです。

人は、自分のことを打ち明けてくれる人に、親しみを感じます。

自分のことを、一切話そうとしない人には、なかなか親しみが感じられません。

親しみを感じられるようにする、適当な量が、2割です。

スポンサーリンク

→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法

 

相手の言動に評価を下す物言いは、避ける

相手の言動に感心した時、その言動に評価を下すような物言いは、避けましょう。

上から目線に感じられるためです。

感心したという、自分の気持ちを伝える言い方にするのが、誤解を生まない表現になります。

例えば、頑張った人に対して、「頑張りましたね。」というのが、評価を下す言い方です。

良い評価をしたつもりでも、相手は、目上から評価されたような印象を受けます。

「頑張って成し遂げられた姿を見て、私も頑張ろうと思いました。」というように、自分がどう感じたのかを、伝えるようにしましょう。

→自己愛性人格障害の特徴!女性と男性の外見について

 

相手から言葉を引き出す、工夫をする

対人コミュニケーションの2割が、自分の話。

そのように意識すると、8割を、相手の話を聞くことに、費やすことになります。

相手から言葉を引き出す、工夫をしましょう。

例えば、一緒に映画を観た後で、「面白かったね」と言った場合、その一言で、会話は終わってしまうかもしれません。

「今の映画で、一番気に入ったシーンは、どこ?」と、相手の感じ方を問う言い方にすれば、話が弾みます。

また、相手が気持ちをぶつけてきた時には、その感情を察して、「イライラしたよね?」「悲しかったよね?」というように、確認していくと、相手は、共感を得られたと感じます。

共感を得られたと感じることで、一歩踏み込んだ気持ちを、伝え合う機会が得られます。

→アスペルガー症候群と診断を受けた子供達に英語を教える!大切なのは個々の特性を知ること


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ