アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法

adhd

→アスペルガー・ADHD•発達障害の改善マニュアルを見る

 

近年、話題になっている発達障害。

 

1歳6ヶ月健診から、

発達障害の疑いがないかと確認されるようになりました。

 

「なんとなく育てづらい」

悩みを抱えていたママに告げられる、発達障害の疑い。

 

そのことをきっかけに療育を受けさせるママは多いようです。

 

しかし、中には、「集団生活が一応できているし、

知能に問題がないから、様子を見ましょう。」と言われ、

そのまま、小学校、中学校と一応順調に進むケースも。

 

ただし、高校から大学に進学するにつれて、

学校生活でトラブルを抱えることが多いのが、

アスペルガー症候群やADHD。

 

対人関係で深刻な悩みを抱き、

「もしかしたら、発達障害かも?」と不安に駆られる人は、

意外と多いようです。

 

発達障害で困るのはアレとアレ!?

adhd

http://matome.naver.jp/odai/2135458810787611701/2135467124496710203より引用

 

発達障害の中でも、困っている人が多いのが、

アスペルガー症候群とADHD。

 

実際には、両方の症状を兼ね備えている人も、

少なくありません。

 

アスペルガー症候群とADHDの特徴を表にまとめると、

次のようになっています。

 

端的にまとめると、アスペルガー症候群は察することの障害、

ADHDは我慢することの障害と言われています。

 

アスペやADHDに起こる最悪の二次障害

utsu

相手の様子やその場の雰囲気から察しをつけて、

適切な対応をするのが、きわめて困難なのが、アスペルガー症候群。

 

衝動性が強いために、思いついた瞬間、行動に移してしまうADHD。

 

どちらも、円滑なコミュニケーションを計るには、

差し障りがある症状です。

 

学校時代は、なんとか先生に個別に援助してもらい、

卒業できても、社会に出たとたん、障害がもとで、

職場で問題を起こし、叱責が繰り返されます。

 

自己評価が下がり、二次障害を引き起こす人は、少なくありません。

 

主な二次障害は、うつ病、不安障害、

強迫性障害、パニック障害、統合失調症など。

 

こうした疾患を併発する割合は、

30%を超えるとの調査結果があります。

 

二次障害を引き起こし、病院を受診して、治療効果が上がらないことから、

背景にアスペルガー症候群やADHDといった

発達障害があることが判明するケースが、少なくありません。

 

早期療育をしないと最悪のケースも!?

Doctor Comforting Patient At Table

幼い子供については、

早期療育が推奨されています。

 

健診で発達障害の疑いが指摘されると、

保健福祉課や保健センターに相談すれば、

専門の医師を紹介してくれます。

 

アスペルガー症候群やADHDとの診断が下ったら、

保健福祉課で申請をして療育を受けることができます。

 

近年は、早期発見、早期療育に力を入れている自治体が多く、

子供が小さければ小さいほど、

スムーズに療育につなげることができるようです。

 

アスペルガーやADHDの疑いをかけられた人の末路は?

adhd

問題は、この時点ではっきりとした診断が下らず、

「アスペルガー疑い」「ADHD疑い」のまま、

様子を見るように言われた子供たちです。

 

年齢が上がるにつれて、生きづらさを感じ、

生きづらさの理由がどこにあるのかも分かりません。

 

性格の問題とされ、周囲との軋轢を繰り返すことになります。

 

うつ病や不安障害などの二次障害に悩まされて病院を受診しても、

根本の問題が解決されないため、治療効果は今ひとつ。

 

たまたま発達障害に詳しい医師に当たり、

背景に発達障害があることを指摘されても、

その指摘が治療に結びつくケースは稀です。

 

アスペルガー症候群は病気じゃないのか?

adhd

中には、「アスペルガー症候群は、病気ではありません。

だから、治療の対象にはなりません。

ここには、本当に病気を治したい人だけが来ますから、

今後の受診は控えてください。」と医師から告げられるケースも。

 

病院で、本当にアスペルガー症候群の治療がなされるケースは、

いったいどのくらいあるか、不明です。

 

多くの患者は、先の見えない状況で、

二次障害の治療薬だけを貰っているようです。

 

障害の症状が深刻化されるのは××代!?

adhd

対人関係で困っている、

なぜ自分の素直な反応が誤解されるのか分からない、

人といることが苦痛で仕方がない、

過去のことしか自分には存在しない、

将来への展望などは自分の中にない。

 

アスペルガー症候群の人の悩みを凝縮すると、

このようなところになります。

 

療育の機会を逸してしまった子供は、

成長するにつれて、将来への不安を抱えるようになります。

 

もともと、視線が過去に固定され、

将来に向かわないのが、アスペルガー症候群の特徴。

 

障害の特徴が、痛ましい深刻さで表面化するのが、10代から20代です。

 

発達障害は希望を抱く事が出来ないのか?

adhd

希望を抱いて飛び立つべき世代に、

先行きに希望が見出せない。

 

わが子がそのような状態で苦悩している時、

社会の入り口に立って途方に暮れている本人が試行錯誤を繰り返す時、

試してみて良かったという声が多いのが、

『アスペルガー・ADHD・発達障害 改善マニュアル』です。

 

4年以上積み上げた臨床結果に基づき、

実際にアスペルガー改善に効果があったものを凝縮したマニュアルです。

 

病気ではないから治療の対象にならないとされたアスペルガー症候群当事者に、

希望をもたらすマニュアルとして人気が高まっています。

 

食事で注意したいもの、

食べると良いものなどが事細かく明らかにされているのが、特徴です。

 

アスペルガー改善の効果が感じられるようになるのは、

マニュアルを実践しだして1週間くらいとのこと。

 

薬を使用していないのに、

二次障害で損なわれていた体調が改善するのを実感すると言います。

 

『アスペルガー・ADHD•発達障害 改善マニュアル』は、19800円。

 

アスペルガー改善効果は、価格以上のものがあると評判です。

 

「障害なので、治りません」という言葉に

ひしがれていたアスペルガー症候群の人たちに、

良くなると言う希望をもたらしてくれるマニュアルとして、

注目されています。

 

→アスペルガー・ADHD•発達障害の改善マニュアルを見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ