アスペルガー症候群は性同一性障害を併発する確率が高いのか?

スポンサーリンク

性同一性障害は、約2800人に1人と推定される患者がいます。

また、芸能人の中にも、性同一性障害を告白している人が、複数いて、その実態が徐々に知られるようになりました。

性同一性障害が発達障害とビミョーに関係する事も、知られるようになってきました。

アスペルガー症候群は、性同一性障害とどんな関係性を持つでしょうか?

adhd

同性とうまくいかないと悩むアスペルガー症候群の女の子!考え方が男性的

アスペルガー症候群の女の子は、女の子同士の付き合いが苦手です。

ガールズトークについていけません。

年頃の女の子が夢中になる、ファッションやアイドル、うわさ話に興味が持てません。

アスペルガー症候群の女の子は、可愛い物より、実用的な物を好みます。

女の子のグループとは仲良くできず、男の子とはなんとか友達関係を築くケースが、少なくありません。

アスペルガー症候群の女の子は、考え方が男性的です。

同性とは、うまくいかないという認識が、次第に顕著になっていきます。

対人関係全般に問題を抱えていても、「女の子だとうまく行かない」と、性別の問題として把握するようになります。

スポンサーリンク

→アスペルガー症候群とADHDは合併するのか ?

アスペルガー症候群の女性は性同一性障害を訴える人が多い⁉︎自分は男性なのではないか?

アスペルガー症候群の特性ゆえに、対人関係をうまく築けなくても、本人に発達障害の認識がない場合、性別違和が、問題への自分なりの解答になります。

「本当は、自分は男性なのだ。だから、女性とはうまく行かないのだ。」と思い込みます。

男の子となら、それなりに友達関係を築いているようだと、性別違和は確信になります。

性同一性障害を強く訴え、そのまま性転換手術を受けるケースもあります。

ただし、対人関係の問題は、性転換手術を受けても、解決しません

性転換手術を受ける人の中に、どのくらいアスペルガー症候群の人がいるかは、明らかになっていません。

→アスペルガー症候群!大人の女性の外見的特徴は?

アスペルガー症候群の告知は早くから行うのが良い!2回に分けて告知する事が勧められている

アスペルガー症候群の告知は、早くから行うのが良いとされています。

発達障害の子供が、周囲との差を感じ始めるのは、10~15歳と言われています。

この時期に、アスペルガー症候群の告知を行うのが、適当とされています。

最初の告知は、小学校高学年に行うのが良いとされています。

小学校高学年になると、普通、心の理論を獲得します。

心の理論を獲得する事で、自分の言った事が、相手にどう受け止められるかが、想像できます。

アスペルガー症候群の子供は、心の理論がこの時期に獲得できていないとされています。

そのため、友達との関係がギクシャクします。2回目の告知は、高校入学時が適当と言われています。

→アスペルガー症候群の人はコンプレックスを抱えやすい理由と対処法


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ