アスペルガー症候群の特徴は話し方・歩き方!優れているのは記憶力!

発達障害の1つでも有るアスペルガー症候群というのをご存知でしょうか?

発達障害は他人事ではありません。

このような障害を1人1人がきちんと理解する事で、自分の子供だけでなく、社会でそういう人達に出会っても理解をする事が出来ます。

自分の子供達が発達障害で生まれてくることもある訳ですので、きちんと理解をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の特徴とは?

 

asp

具体的な特徴としては下記のとおりです。

・外部の刺激に対して無関心

・相手を無視して一方的に会話をしだす

・強い感情をうまく表現できない。

・話し方に特徴があり、歌を歌ったりする。

・1つの事柄で常に同じように事が運ばないと気がすまない。

・同年齢と同等な行動が取れない

・社会的ルールが理解できずに、言ってはいけないことも分からず、正直に言葉を並べてしまう。

・スケジュールの変更など、把握していたことが変わってしまうことが原因で、突然不安が襲ってしまい、かんしゃくを起こしてしまう。

・歩き方がぎこちない

アスペルガー症候群は様々な症状がありますので、これらが全てでは有りませんが、コミュニケーションに独特なものが有るのが特徴です。

そして、歩き方などはロボットのようなぎこちなさがあり、時にはジャンプしたりします。

スケジュールなど人の様々なデータや記憶を細かく覚えているのも特徴です。

それらが自分の描いたものが食い違って不安定になったりもします。

 

スポンサーリンク

 

▶︎アスペルガー症候群!積極奇異型の大人の特徴とは?

 

周りに理解されない苦しみを持つ人が多いのがアスペルガー症候群

人が発する言葉をうまく受け取ることが出来ずに、うまくコミュニケーションが取れない苛立ちなどを含めて、悩んでしまいうつ病になってしまう人も多いです。

知能自体が発達遅れがない分、健全者に理解されないことはとても苦しいようです。

もしかしたら、このような障害者の苦しみをきちんと理解してあげていれば、社会に出てもうまくバランスがとりやすい環境作りができるかもしれません。

様々な障害者を含めて、患っていない健全者である私たちも学ぶべきものがたくさん有るようですね。

 

▶︎アスペルガー症候群の人はこだわりが凄い!?適切な対応方法は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ