アスペルガー症候群をチェック!大人の対応やトラブルの対処法は?

アスペルガー症候群の人は
否定的な言い方をされることにとても敏感です。

記憶力も良いので、
嫌なことをどうしても忘れられずに
辛い思いをしていることもしばしばです。

他人には気づかれにくいアスペルガー症候群。

さりげなく支援したいものです。
接する際には次の5点を心掛けてください。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人を支援する5つの心得

 

1.曖昧な表現を避けましょう。
曖昧な表現はアスペルガー症候群の人が最も苦手とするところです。
「うまくやっといて」というような指示をされると、
アスペルガー症候群の人はどうしたら良いのか困惑します。
具体的に指示は出しましょう。

 

2.簡潔に指示を出しましょう。
一度に複数の用件を口頭で指示されると、
アスペルガー症候群の人は混乱します。
情報を頭の中で整理するのに時間がかかるのです。
指示は一つずつ簡潔に出してください。

 

3.視覚に訴える工夫をしましょう。
アスペルガー症候群の人は聴覚の認知能力が欠如しているので、
人の話を聞き取るのが苦手です。
指示を出す時にメモを渡すというように
視覚に訴える方法をとるとスムーズに事が運びます。

 

スポンサーリンク

 

4.流れをマニュアル化して説明しましょう。
アスペルガー症候群の人は想像力に障害があります。
次の仕事の段取りを自分で考えるのは苦手です。
流れをマニュアル化してあげると良いでしょう。

 

5.手順や予定に変更があったら、速やかに伝えましょう。
アスペルガー症候群の人は臨機応変の対応が苦手です。
変更に強い不安感を覚えることも少なくありません。
変更があったら、すぐに伝えましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ