アスペルガー症候群!大人の恋愛や付き合い方について!

アスペルガー症候群の人は

子供時代に障害に気づかれずに

大人になっていることも少なくありません。

 

小さい内から

「変わった子供」と見られていても、

それは個性の範囲内ととらえられ、

家庭や学校でのセーフティネットによって

守られていることが多いと言えます。

 

スポンサーリンク

 

恋人がアスペルガー症候群だったら…

 

社会に出て一人で生活するようになって、

主に対人関係の問題から

周囲との隔たりが大きくなることが多いようです。

 

紅葉の中を歩くカップル

 

最近は職場での

アスペルガー症候群の人への支援は

少しずつ始まってきました。

 

スケジュールを書き出して渡す、

異動の無い部署に配置する、

デスクの周りを衝立てで囲うというような

配慮がなされるところも現れてきました。

 

恋人がアスペルガー症候群だった時には

どのような付き合い方をしたら良いのでしょうか?

 

アスペルガー症候群の特性に合わせた

3つの心得を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群3つの心得

 

1.気持ちを汲み取ってもらうことを期待しないこと。

 

アスペルガー症候群の人が最も苦手とするのは、

表情や身振り、

行間から相手の気持ちを読むことです。

 

症状がかなり軽いアスペルガー症候群の人でも、

気持ちを察するということはできません。

 

「親しい間柄になったのだから、これくらい察してよ!」

と期待するのは諦めましょう。

 

2.否定的な言葉を口にしないようにしましょう。

 

アスペルガー症候群の人は、

他人の気持ちや状況をうまく理解できない反面、

他人が自分をどう思っているかについてはとても敏感です。

 

アスペルガー症候群の人は一見淡々としていますが、

感情自体は複雑に発達しています。

 

表現が上手にできないのです。

 

感情のコントロールが難しいこともあります。

 

否定的な言葉には人一倍傷つきやすいと言えます。

 

3.待つのが苦手なので、デートに遅れたりしないようにしましょう。

 

状況の予期せぬ変化に対応するのが、

アスペルガー症候群の人には困難です。

 

待つということは状況の大きな変化であり、

気持ちを切り替えて

その間を過ごすことが求められます。

 

そうした状況に

アスペルガー症候群の人はうまく対応できません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ