アスペルガー症候群!受動型と積極奇異型の特徴や違いについて!

アスペルガー症候群はとても複雑な症状と言われています。

そして、受動型や積極奇異型など、タイプによって特徴が違いが有るようです。

複雑さゆえきちんと病気に対しての知識が必要とされます。

アスペルガー症候群の受動型と積極奇異型の特徴や違いを検証してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群 受動型の場合

 

Asperger

周囲からは大人しく静かな人に見られます。

人の意見などに流されやすいので、その環境に無意識に合わせてしまったりします。

危険なのは問題意識が薄いので、良いこと悪いことの区別がつかないので、ついつい悪いほうへ流されてしまい、場合によっては犯罪をおかしてしまったりするリスクもあることです。

他人に合わせやすいので、友人関係は築きやすいのが特徴ですが、無理をして他人に合わせてしまうこともあるので、1人になりたがったりする時もあります。

主体性が無いので困っていても、何に困っているのかを他人に表現できません。

自己主張が苦手で会話も聞き役が主体。

受動型はそのような特徴があります。

 

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群の愛着と依存の特徴について!

 

アスペルガー症候群 積極奇異型の特徴

受動型とは違い、社交性に強い印象です。

空気を読まずに馴れ馴れしく接することをします。

また、話す際に、声も大きく顔が近かったりするのが特徴です。

感情が先行してしまうのでこのような動作が現れます。

好きな人には体をくっつけます。

子供の頃は大好きな保育士さんから離れられずに、ずっとくっついて回るような子供だったりします。

相手のことが読めないので、相手が辛かったり迷惑だったりなどのを読み取ることが苦手です。

空気が読めないので、悲しんでる人にも平気で話しかけてしまったりします。

授業中なども落ち着きが無く、集中力が維持できないので、学校などで問題児として扱われることもあります。

 

▶︎アスペルガー症候群と不登校の関係性 !

 

アスペルガー症候群は治療を

アスペルガー症候群はタイプごとにそれぞれの問題があります。

タイプごとにうまく対処する事で社会とのトラブルを軽減できます。

それには病院できちんと治療する必要があります。

自分がどのようなタイプで、どんな対処法があるのかを把握すると安心も出来ますし、人との関わりがしやすくなります。

自己判断、家族の判断ではなく、病院できちんと診断しましょう。

 

▶︎アスペルガー症候群のIQはどのくらいなのか?高い知能は本当か?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ