アスペルガー症候群と不登校の関係性 !

adhd

 

アスペルガー症候群は不登校になりやすいのか

スポンサーリンク

 

昔はアスペルガー症候群などの発達障害を持つ子供の不登校の実態は、よくわかっていませんでした。

しかし、現在、不登校の子供のうち約6%程度がアスペルガー症候群であるというデータがあります。

また自閉症スペクトラムとして考えると、約70%にも及ぶと考えられています。

アスペルガー症候群は知的発達や認知能力に問題はありませんが、コミュニケーション能力などに問題が起こります。

決められたパターンやルールに従うことは得意なため、学校のカリキュラムに沿っていくことは覚えてしまえば簡単にできます。

しかし、学校という場所は学習以上に集団行動や社会規範を学ぶ場でもあり、アスペルガー症候群を抱える子供にとっては、こちらのほうにストレスを覚えて学校が嫌になってしまうパターンが多く見られます。

また、コミュニケーション能力の低さもそうですが、自分の興味のある分野以外は一般の人ができるようなことも困難であるという特徴も相まって、いじめの対象にされる事例も少なくありません。

 

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群とは?

 

アスペルガー症候群を持つ子が不登校になってしまったときには

まずは家族や親が冷静になることです。

「我が子が不登校になってしまった」「不登校なんて、うちの子がダメになってしまう」などという考え方は子供を傷つけるだけなので、やめましょう。

無理やり登校させることの方が、子供をダメにすることもあります。

前段で述べたように、アスペルガー症候群のような「ほかのみんなとは違う、ちょっと変わった子」というのは、子供の世界では何かと標的にされやすいです。

まずは親が学校や教師に説明し、発達障害について正しい知識を持ってもらうように努めましょう。

しかし、いくら注意してもらっていても、教師や学校が一人の生徒だけにかまっているわけにはいきません。

学校が見落としてしまっている問題に関しては、親や家庭が受け止めてあげましょう。

家庭を子供がリラックスできる場所にし、子供の個性を尊重してあげられる場所にするとよいでしょう。

 

▶︎アスペルガー症候群の特徴が噂される芸能人は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ