アスペルガー症候群の人はこだわりが凄い!?適切な対応方法は?

芸能人でも患って居たりと、近年テレビでたまに流れる言葉に「アスペルがー症候群」があります。

精神的な病で日常生活にも支障を来すような難しい症状です。

自分自身で自覚が無い方も居るので、患者数は把握している以上と言われています。

はたして、「アスペルガー症候群」とはどういった症状なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の症状 その1

アスペルガー症候群の主な特徴としては「強いこだわり」があることです。

物事を柔軟に解釈出来なく、興味があるものなど、行動範囲も極端に絞られていたりすることから、周囲の人や環境に合わせることが出来ず、日常に支障がでます。

予想外のことが起きてしまうと頭が混乱してしまったり、物事の順序が予定と狂ってしまっただけでも抵抗感が強く出ます。

周囲から「頑固者」とか「自分勝手」な人間だと思われます。

物事の柔軟性が欠落してるので、臨機応変が利かず、周囲の人に安心感を与えられなかったりして、距離を置かれてしまったりもします。

 

▶︎アスペルガー症候群とADHDは合併するのか ?

 

アスペルガー症候群の症状 その2

アスペルガー症候群の症状は性格的な症状もありますが、神経的な症状が出てしまう方も居ます。

自覚症状としては分かりやすいですが、体に異常が出るわけですから恐ろしいものです。

 

・視覚

集中して1つのものを見ることが出来なかったり、通常の光の加減でも眩しく感じてしまったりします。

 

・運動感覚

手先が不器用だったり、運動が苦手だったりします。

 

・嗅覚

閉鎖された空間、狭い空間、人混み、匂いが有る場所、その様な場所での不快感が強く出ます。

 

・味覚

同じものばかり食べてしまったりと偏食が見られます。

 

・聴覚

通常の人より、たくさんの音を拾ってしまい、集中が出来ず、または不快に思い気持ち悪くなってしまったり、パニック障害が起こったりもします。

 

・触覚、温痛覚

他人に触れられるのを嫌ったり、触れられる素材が限定されたりします。

暑さ、寒さ、痛みをあまり感じなかったりします。

 

 

アスペルガー症候群の症状の対処方は?

アスペルガー症候群は精神的なものが大きく左右されます。

ですので、病院へ行き、きちんと治療をしていかないとなかなか自分自身での治療は難しい病気です。

カウンセラーなどによる治療も有効です。

まずは自分自身の病気を認識し、不快に思ったり、パニックが起こるケースなどを見直し、考え方の癖をうまく柔軟な方へ導くような癖をつけていくことが大切です。

アスペルガー症候群の人数は、これからも増えると言われています。

まずは自分自身が、なり得るタイプかを自己チェックをしてみてはいかがでしょうか?

 

▶︎アスペルガー症候群の人は孤独?攻撃的性格からストーカーになることもある!?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ