アスペルガー症候群で離婚する人はいるのか?

アスペルガー症候群が

認知されるようになったのは近年のことです。

 

結婚して何年も経ってから

配偶者がアスペルガー症候群だと

分かることもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

配偶者がアスペルガー症候群だったとき

以前からちょっと変わった人だとは

思っていたけれど、

うつ病を発症して

精神科を受診していて担当医が代わって

初めて配偶者がアスペルガー症候群だと

知らされたということもあるでしょう。

 

離婚届に記入する女性

 

アスペルガー症候群の人に対しては

「言わなくても分かって!」

ということを期待することはできません。

 

様子から察してもらうことは無理です。

 

きちんと口に出して言わないと分かってもらえません。

 

夫婦生活が長くなるにつれて、

アスペルガー症候群の人のそうした態度は

配偶者としてまどろっこしく感じられることでしょう。

 

不満も募ることでしょう。

 

一緒にいて嬉しいとか

安心できるという感情を

言葉で表現することも至って稀です。

 

アスペルガー症候群の夫のそうした態度に

飽きたりなさを感じて不満を募らせ、

熟年離婚を考えるケースも最近では少なくないようです。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群は離婚理由になるのか?

 

法律で認める離婚事由のうち

「婚姻を継続しがたい重大な事由」

に該当するかどうかは極めて微妙です。

 

夫婦としての生活が

破綻していることを客観的に主張できれば、

離婚が認められる可能性はあります。

 

ただし離婚を持ち出す前に、

アスペルガー症候群の特性を理解して適切な対応に努め、

配偶者として最善の努力をすることが前提です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ