アスペルガー症候群診断!脳波や遺伝での確率は?

知的な問題は無いのに

対人関係をうまく築くことができないで

生活に困難を抱えて精神科を受診すると、

まずは問診で次のようなことが尋ねられます。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の診断を受ける際には

 

現在どのようなことに困っているのか?

いつ頃から困るようになったか?

きっかけとして思いつくのはどういうことか?

最近起こった変化はあるか?

これまでどのような仕事をしてきたか?

勤務状態はどうだったか?

家庭環境はどのようなものか?

対人関係や自分の性格についてどのようにとらえているか?

生育歴はどのようなものか?

出生時の状況はどうだったか?

持病や日常服用している薬は?

以前どのような病気に罹ったか?

 

こうしたことを初診時には尋ねられます。

 

生育歴はことに重要です。

 

自分の成長過程を知っている

親か兄弟に付き添いを頼むのが好ましいと言えます。

 

スポンサーリンク

 

WAIS-IIIでの検査について

 

アスペルガー症候群の診断では

知能検査も合わせて行うことがあります。

 

よく用いられるのが

ウェクスラー式知能検査です。

 

16歳以上についてはWAIS-IIIが用いられます。

 

その人の行動特性や認知特性、

心理的問題、

実生活の困難さを把握できる検査です。

 

また発達障害と合併しやすい

てんかんの有無を調べるために

脳波検査が行われることもあります。

 

アスペルガー症候群の支援の取り組みは、

アスペルガー症候群を

先天的な脳の機能障害ととらえる立場に

基づいて現在のところ為されています。

 

しかし脳のどこに機能障害が

発生しているのかについては諸説あります。

 

また、

遺伝が関係しているとの報告もありますが、

詳細はまだ不明です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ