アスペルガー症候群診断テストのメリットとデメリットは?

アスペルガー症候群かどうかの

目安をつかめる無料診断テストが、

ネットでもいろいろと

見られるようになりました。

 

アスペルガー症候群を

疑って専門医を受ける

後押しをしてくれるとも言えます。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群診断テストを受けるか否か

 

診断が確定して初めて

「自分がなんとなく感じていた

生きづらさは発達障害が原因だったのか」

と納得して安心度を得る人もいます。

 

ビジネスイメージ

 

専門医から家族や職場の上司に

アスペルガー症候群の特性が説明されれば、

家庭や職場でも

理解者が得られやすくなることでしょう。

 

また、

アスペルガー症候群の人には、

薬剤に過敏な反応を示すことも多いので、

診断が確定することで

適切な薬の種類や量での

治療を受けられるというメリットもあります。

 

ただし、

アスペルガー症候群の人で

不安を抱えている場合でも、

診断テストの結果が必ずしも

高得点になってアスペルガー症候群だと

判明するわけでもありません。

 

漠然と不安を感じている時には

高得点が出ても、

対人関係にトラブルを抱えていて

不眠や食欲不振が現れている時には

平均値が出るということもあります。

 

アスペルガー症候群は

昨今マスコミに取り上げられることが多くなりましたが、

アスペルガー症候群診断テストは

「昔から困っていることがある」

「自分では普通にしているつもりなのに、

周りの人から誤解されることが多い」

というような場合に受けるのが良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群では障害者手帳は貰えない

 

またアスペルガー症候群単体の診断では、

障害者手帳や

年金を貰うのは非常に難しいのが現状です。

 

もし精神科等のクリニックに通うことが

経済的に負担になっている場合には、

障害者自立支援の申請がお勧めです。

 

収入の規定がありますが、

通院費が3割負担から1割負担に軽減されます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ