東大生にアスペルガー症候群が多いのは本当?その理由は×××だから?

スポンサーリンク

「東大は東京アスぺ大学といっても不思議じゃない」

こんなつぶやきが物議を呼んでいます。

発信元は東京大学大学院に在籍していた男性ですが、いったい、どういうことなのでしょうか。

tokyodaigaku

東大生にアスペルガー症候群が多いのは本当か?

東大生にはアスペルガーばかり、というのは実際に統計を取ったわけではありませんから、客観的な根拠はありません。

ですから、事の真偽は噂レベルといえます。

ただし、東大卒業生や在学生に言わせると、「4割程度はそうだと思うし、そう言われても違和感はない」という感想も多いようです。

アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムの一種で、コミュニケーションや周囲の空気を読むことが苦手な反面、高い集中力や記憶力を持つことが多いとされています。

実際、「変わり者の天才」と呼ばれる人も多く、あのスティーブ・ジョブズ、トーマス・エジソン、ビル・ゲイツもアスペルガー症候群なのではないかというエピソードがあります。

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群の人はモラハラを起こしやすいのか?

高学歴、一流大学に行くほどアスペルガー症候群が多い?

一説によると、高学歴や一流大学になればなるほど、アスペルガー症候群の割合が増える傾向にあるといいます。

これは詰め込み式受験とアスペルガー症候群で見られる集中力や記憶力が、とても相性がいいからという理由もあるようです。

逆に面接など、コミュニケーションが重視される就職活動では、弾かれてしまう人も多いようです。

しかし、前段で示したようにアスペルガー症候群やその疑いがある人でも、普通の人以上に成功を収めた人は多くいます。

アスペルガー症候群の人は物事をルール化したり、テンプレート化することで理解しやすくなるので、コミュニケーションをある程度テンプレート化している人もいます。

もちろん、アスペルガー症候群ではない人のように柔軟な対応は難しいですが、「こういう会話のときはこういうルールで会話をする」ということを決めておくことで比較的コミュニケーションを取りやすくなります。

ただ、会話のルール化にはやはりそれなりに経験を積まないと難しいため、普通の人より勉強に時間を費やすことが多い東大生には、わかりやすいアスペルガー症候群の人が多いのかもしれません。

▶︎アスペルガー症候群は独り言や偏食家が多いのか?特徴のまとめ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ