アスペルガー症候群(大人編)の対応方法と適職について!

アスペルガー症候群の人は

子供の時に検診で引っかからずに、

大人になってから

生きづらさを感じるケースも

少なくありません。

 

アスペルガー症候群は

通院しても根治できませんが、

生活環境を整えたり、

適職に就くことで

ストレスの少ない生活を送ることができます。

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群と社会性

 

アスペルガー症候群の

人は社会性に問題があり、

相手の気持ちを読みづらく、

こだわりが強いのが特徴です。

 

また自分の置かれている環境に

変化があると強い不安を感じて

落ち着きがなくなります。

 

 

Office workplace

 

接客や営業には不向きですが、

技術者や研究者には向いていると言えます。

 

特にコンピュータ関係

プログラム関係には

適性を示す人が多いとされています。

一般の人には及ばないレベルの集中力と

こだわりを特定の分野で発揮することも多く、

スポーツ選手

芸能関係で活躍している人

少なくないようです。

 

適職に就くのが大切です。

 

また、

アスペルガー症候群の人には、

次の5点に配慮した対応をすると、

本人のストレスを軽減し、

周囲の人も不要なトラブルを回避できます。

 
スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の人に対して5つのポイント

 

1.「これ、やっといて」式の曖昧な表現は避けて、指示は具体的に出しましょう。

2.一度に複数の指示は出さず、一つずつ指示を出すようにしましょう。

3.聴覚の認知能力に障害があるので、指示をメモして渡すとスムーズに事が運びます。

4.仕事の流れをマニュアル化して説明しましょう。

5.臨機応変の対応が難しいので、手順や予定に変更があったら、予め伝えましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ