アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、

コミュニケーションのとり方や

興味の持ち方に特異性が

認められる広汎性発達障害です。

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の人の支援

 

中核症状である対人関係の不器用さや

特異な分野への際立った集中力は、

子供の頃から大人になるまで

一貫して見られます。

 

手をつなぐ子供たち

 

しかし、

症状の現れ方は

年齢を重ねるにつれて

変わってきます。

 

言葉の使い方になんとなき

違和感が感じられるのは2歳過ぎから、

集団生活の困難さがはっきりしだすのは

4歳くらいからと言われています。

 

幼児の頃は、

触られるのを極端に嫌ったり、

大きな音がするとその場から

逃げ出すといった感覚の過敏さが

目立つことも少なくありません。

 

学童期になっても

定型発達の子供なら分かってくる

暗黙のルールが分からず、

思ったままを口にして

友達を傷つけてしまうこともあります。

 

興味を持ったことについては

大人顔負けの知識を持ち、

親を驚かせることもあります。

 

知的な遅れが目につきにくいので、

子供の頃には「少々風変わりな子供」

と見られても発達障害に

気づかれないこともしばしばあります。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の二次障害

 

そのまま大人になって就職や結婚、

転勤をきっかけとして

アスペルガー症候群の特性が際立って、

対人関係がうまく行かずに二次障害を引き起こし

背後にアスペルガー症候群があると

明らかになることも少なくありません。

 

アスペルガー症候群の人は

他人の気持ちを表情から

汲み取ることが苦手ですが、

他人が自分をどう考えているかについてはとても敏感です。

 

頭も良いので、

否定的な言葉を忘れられずに

辛い思いをしていることもあります。

 

アスペルガー症候群の人は、

曖昧な言い方をしなければ、

きちんと理解します。

 

社会通念に反した行為が見られた場合には、

状況と対応をセットにした形で示してあげましょう。

 

そうすれば、

アスペルガー症候群の人はすんなりと受け入れます。

 

アスペルガー症候群の人が

無理なく社会生活に適応するのに必要なのは、

そうした細やかな配慮です。

 

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク



→アスペルガー・ADHD・発達障害を本気で改善する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ